top of page

海外渡航に必要なPCR検査+証明書について(自由診療)

更新日:2022年6月16日

※発熱等の有症状の保険適応(公費負担)の抗原やPCR検査とは別で、

全て自己負担となります。


また海外渡航以外でも、例:国内旅行、帰省、イベント、待機後の職場復帰等

に必要な抗原検査やPCR検査や月2回以上の再検査等も自由診療となります。


所要時間:1時間半~2時間程度 完全予約制


自費でのPCR法検査 15,000円(税別)

自費での抗原検査キット(抗原定性検査) 7,000円(税別)

証明書発行手数料  5,000円(税別)/枚


渡航先によって、12時間以内、48時間以内、72時間以内等の条件がありますので

事前に、様式や規定等ご確認の上お知らせ下さい。パスポート記載の氏名、性別、生年月日、現住所、発券番号等の入力が必要になります。

事前に頭書き情報の画像もしくはコピーをメールかFAXでお知らせください。 


最新記事

すべて表示

NEW 年明け、国内、海外渡航者含め人流が活発になってます。特に全国旅行支援の再開や旧正月(春節祭)の影響、新たな変異株、インフルと同時流行等 懸念されます。 ①早めのワクチン接種を推奨します。(既に感染された方は3か月間空けて接種を推奨) ②BA.4-5対応ワクチンが2月まで(在庫限り)の可能性があります。 ※大阪市より3月頃にはBA1対応ワクチン供給へ戻す計画になってます。 従来型ワクチンに比

初期症状~発熱まで、検査のタイミングがそれぞれで違いがあります。 1回の検査(鼻腔咽頭ぬぐい方法)で両方を判定する場合は、インフルの基準でご案内します。※コロナ単体の検査のみお急ぎの場合は、インフル検査は行わない場合もあります。 ※インフルエンザの特徴 感染から潜伏期間が、推定3日 突然の38℃以上の高熱、頭痛、関節痛、 筋肉痛 隔離期間 「発症後5日間かつ解熱した後2日を経過するまで(幼児では3

bottom of page